PR

ニュース 政治

G20議長国キックオフ 麻生氏、保護主義を牽制

 また、17日は代理会議に先立ち、財務省と日銀の共催で、人口動態が経済に与える影響を話し合うシンポジウムを開いた。

 シンポジウムには、日本政府や日銀のほか、国際通貨基金(IMF)など国際機関からも関係者が参加。閉会のあいさつで麻生氏は「日本は高齢化社会の先頭ランナー。高齢化の負の影響を克服すべく、長年にわたりさまざまな政策に取り組んできた」と述べ、日本の知見を各国の課題解決につなげるとした。

 シンポジウムでは日銀の黒田東(はる)彦(ひこ)総裁も講演。人口減少で資金需要が伸び悩む中で低金利環境が続くと、リスクの高い投融資が増え、金融システムが不安定化する恐れがあると指摘。ただ、高齢者の増加は資産運用ニーズの高まりを通じ、「生命保険や年金にとってビジネスチャンスの拡大につながる」として前向きに取り組むよう促した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ