PR

ニュース 政治

沖縄県副知事、埋め立て承認「第2の撤回も視野」

 沖縄県の謝花(じゃはな)喜一郎副知事は16日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関する埋め立て承認撤回が取り消されれば、再び撤回することを検討していると明らかにした。県庁で行われた立憲民主党などの野党合同ヒアリングで「取りうる手段として第2の撤回も視野に入れることも作業、検討をしている」と述べた。

 謝花氏は再び撤回する根拠として、辺野古に投入された土砂の性質が事前の申請と異なる点や、護岸が桟橋として利用されている点を挙げた。玉城デニー知事は16日、県庁で記者団に対し再撤回について「可能だとうかがっている。実際に協議したとか検討したということはない」と述べた。

 県は昨年8月に埋め立て承認を撤回したが、防衛省が撤回取り消しと効力停止を申し立てた。効力停止に関しては国土交通相が認め、防衛省が工事を再開している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ