PR

ニュース 政治

富田能成氏が無投票で再選、埼玉県横瀬町長選告示

Messenger

 任期満了に伴う埼玉県横瀬町長選は15日に告示され、無所属の現職、富田能成氏(53)が無投票で再選を果たした。

 富田氏は昨年9月、「人口減少に向き合い、未来を変えるチャレンジを継続したい」と出馬表明。官民連携プラットフォーム「よこらぼ」の導入や合計特殊出生率を県内1位にした子育て支援などの実績を強調。2期目に向けて人づくり、健康づくりなど7つの柱を掲げ、官民連携や秩父地域1市4町のさらなる連携などを訴えて支持を広げ、対立候補擁立の機運は広がらなかった。

 富田氏は横瀬町出身。国際基督教大を卒業後、旧日本長期信用銀行(現新生銀行)社員、町議などを経て27年の町長選で初当選。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ