PR

ニュース 政治

拉致救出署名、山形市の職員7割超2103人が署名

Messenger

 県内には政府が認定する拉致被害者はいないが、特定失踪者問題調査会によると、北朝鮮に拉致された可能性が排除できない特定失踪者が、布施範行さん=昭和52年の失踪当時(23)、斎藤武さん=同58年の失踪当時(37)、大宮のぶ子さん=平成3年の失踪当時(36)=の3人、非公開だが拉致された可能性の高い9人を含め12人がいる。

 東北地方では、宮城県、仙台市が山形市より先に職員による署名がそれぞれ5742人(全職員の約30%)、2748人(同約20%)がおり、山形市の署名数は際立っている。同市によると、市の署名活動を知った一般市民からも署名gが寄せられ、市民の関心の高さがうかがわれた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ