PR

ニュース 政治

韓国、駆逐艦レーダー情報開示を拒否 「非常に無礼な要求」と日本を非難

Messenger

 【ソウル=名村隆寛】韓国国防省報道官は15日の定例記者会見で、14日にシンガポールで行われた日韓防衛当局間の実務者協議では、韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダー照射をしたことを裏付ける決定的な証拠が、日本側からは示されなかったと主張した。

 また、協議で日本側は、韓国駆逐艦の全体的なレーダー情報(周波数)を明らかにすれば、日本側の収集した情報の一部を示すことを提案したが、韓国側はこれに応じなかったという。

 同省報道官は「韓国としては受け入れ困難で、非常に無礼な要求であり、問題解決の意志がない強引な主張だ」と日本側の対応を批判した。また、「日本の継続的な非紳士的な行動に対し、大いに遺憾を表明する」と訴えた。

 報道官は「日本に対し韓国は、レーダー照射を受けたと主張する周波数など、正確で客観的なデータを提示するよう継続し要求している」と指摘。「日本側が開示するという一部の情報は、韓国側が求めているデータではない」との認識を示した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ