PR

ニュース 政治

「精鋭無比」降下訓練始め 陸自第1空挺団

Messenger
初参加のC2輸送機から次々降下する陸自第1空挺団の隊員=13日午前、千葉県の習志野演習場(酒巻俊介撮影)
初参加のC2輸送機から次々降下する陸自第1空挺団の隊員=13日午前、千葉県の習志野演習場(酒巻俊介撮影)

 陸上自衛隊第1空挺団の降下訓練始めが13日、陸自習志野演習場(千葉県船橋市など)で行われた。「精鋭無比」を誇る空挺団員約200人がパラシュートでの降下訓練を披露。米陸軍の沖縄や米アラスカの部隊からも約50人が参加し、日米の連携をアピールした。

 新年恒例の訓練は、目標地域に隠密に潜入することを想定。重装備の団員らがヘリコプターや航空自衛隊の輸送機から次々とパラシュートで降下した。空自の新型輸送機C2も初めて参加した。地上では、10式戦車や陸自水陸機動団の水陸両用車「AAV7」などが登場し、離島奪還の一連の流れを演習した。

 訓練を視察した岩屋毅防衛相は「高い士気と技量を示してくれた」と訓示。昨年末に策定した新たな防衛計画の大綱の基本概念「多次元統合防衛力」について「諸君にさらなる挑戦を求めるものだが、新たな課題も克服できると確信している」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ