PR

ニュース 政治

河野外相、日露交渉で血筋生きるか 14日に外相会談

Messenger

 当時のいきさつは今のロシアでも知られており、太郎氏は「両国関係に努力した河野家の一族として一目置かれている」(日本外務省幹部)という。一郎氏も深く関与した日ソ共同宣言は、平和条約締結交渉の継続をうたっており、太郎氏が日露交渉に力を入れる理由はここにある。

 しかしこれとは裏腹に、最近の太郎氏は領土問題に関する発言を避ける傾向が目立つ。昨年12月の記者会見では「北方領土は日本の固有の領土か」と従来の立場を尋ねる質問にすら「答えを差し控える」と述べた。慎重な姿勢に終始するのは、これまで「ロシアによる不法占拠」といった日本の閣僚の発言にロシア側が強く反発し、交渉が頓挫した経緯があるためだ。

 ただし、北方四島は旧ソ連が日ソ中立条約を一方的に破って占拠したのが歴史の事実。弱腰にもみえる太郎氏には、与党内からも「妥協するのではないか」との疑心が生まれている。

 交渉相手となるラブロフ露外相は、強気の発言を繰り返している。国益を損なわずに、祖父からの宿題にどう答えを出すか。プーチン氏との首脳会談を控える安倍首相にうまくバトンをつなげなければ批判も浴びそうだ。(力武崇樹)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ