PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】勤労統計問題「国の調査を担ってきた。それが都としての役割」

Messenger

 --少なくとも、その聞き取りの中では、要望というのはなかったということか

 「はい。聞き取りにも、また書類等にもないということであります」

 --本来であれば、全数調査であったものが3分の1になったということで、約1500ぐらいのものが500ぐらいになっていた。事業所の数として不自然な点というのが、どこかで気付くことは難しかったのか

 「そうですね。でも、決められるのは国の方だと、基本的にそういう立場であります」

 --2019東アジア文化都市の祭典について知事の期待は

 「文化、アート・カルチャーということで、豊島区の高野区長が長年にわたって、豊島区がこの東アジア文化都市の一つになろうということで、大変熱心に続けておられました。そしてまた、ちょうど、この西口広場なども含めて、あの地域、そしてまた、東口側では、今度、『Hareza池袋』といったかと思いますけれど、新しい、そのような文化の場ができるということも相まって、大変熱心に、この東日本文化都市としての役割を果たそうとしておられるわけであります。これから2019、今年のワールドカップもあり、そしてまた、2020大会はスポーツの祭典であると同時に文化の発信ということも良いチャンスでございますので、その意味で連携して、そして、豊島区の方をもり立てていくような形で、ずっと全体的な流れをつくっていきたい、そういう思いでエールを送らせていただきました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ