PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】勤労統計問題「国の調査を担ってきた。それが都としての役割」

Messenger

 --豊洲の件で明日からキックオフが始まるということだが、都が行うにぎわい事業の全容がまだ見えていない

 「今回始めますのは、5街区というところで行うことになるわけであります。これら、豊洲市場でまず食の楽しみを、この市場の中ではありますけれども、一般の方にも普通に来ていただけるような場所を確保できているということであります。これを3月まで行いまして、あとは今度は6街区、つまり千客万来のあの土地を使いまして、こちらの方では、さらに大きなにぎわいイベントという形で進めてまいります。これを担うのは、東京臨海ホールディングスと、既に基本協定を結んでおりまして、4月から都、そして民間事業者のイベントを実施するということになります。その6街区は、現時点では駐車場として使われて、暫定的に駐車場としてお使いいただいているということであります。6街区は結構広い部分がございますし、それを有効に活用していくことで、これからの千客万来と、その前に2020大会がございますので、そういった意味でも有効に活用していくということであります。はい。以上、今日は終わらせていただきます」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ