PR

ニュース 政治

【参院選2019】予想の顔ぶれと情勢・九州 福岡、野田の立民入りに国民反発

Messenger

 ■熊本〈改選数1〉 自民馬場が基盤固める

 6年前に当時の民主現職を破って初当選した自民馬場が支持基盤を固める。3年前に当時の民進と共産、社民が推薦する野党統一候補として出馬した無所属の新人阿部が昨年11月に出馬を表明、立民、国民、社民が支援する方向だ。共産にも支援を要請している。

 馬場 成志 54 元厚労政務官 自(岸)現

 阿部 広美 52 弁護士    無   新

                  

 ■大分〈改選数1〉 与野党一騎打ちに

 自民礒崎が3選に向けて足元を固める中、無所属の新人安達が立候補の意向を固めた。

 立民と国民、社民、連合大分は安達を推薦の上、野党統一候補とすることで合意し、激戦になる可能性が出てきた。

 礒崎 陽輔 61 元首相補佐官 自(細)現

 安達  澄 49 元朝日記者  無   新

                  

 ■宮崎〈改選数1〉 自民長峯が地盤固め

 知事選が昨年12月に行われたこともあり、各党とも参院選への対応が遅れている。再選を目指す自民長峯が着実に地盤固めを進めているほかは、今のところ目立った動きがみられない。

 長峯  誠 49 元財務政務官 自(細)現

                  

 ■鹿児島〈改選数1〉 自民尾辻、6選目指す

 閣僚や副議長を経験した自民尾辻が6選を目指し、議席維持を図る。国民は合原、共産は松崎を擁立した。野党共闘を求める市民団体が候補の一本化を両党や立民、社民などに呼びかけ、「円卓会議」を継続開催するものの、実現は不透明だ。

 尾辻 秀久 78 元厚生労働相 自(竹)現

 合原 千尋 38 行政書士   国   新

 松崎 真琴 60 県議     共   新

                  

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ