PR

ニュース 政治

【参院選2019】予想の顔ぶれと情勢・九州 福岡、野田の立民入りに国民反発

Messenger

 ■福岡〈改選数3(1増)〉 野田の立民入りに国民反発

 改選数が2から3に増える。自民松山、立民野田の現職2人と、ともに新人の公明下野、共産河野が出馬表明している。

 自民は、副総理兼財務相の麻生太郎らが野党乱立を視野に2人目の候補者擁立を模索したが、党選対委員長の甘利明は自公協力を優先して福岡では2人目を擁立しないと明言した。

 6年前、旧民主公認で初当選した野田は、国民には加わらず無所属だったが昨年10月に立民参院会派入りし、12月に入党。国民はこれに強く反発し、対立候補を出す意向だ。幸福は江夏を立てる。

 松山 政司 59 前1億活躍相 自(岸)現

 下野 六太 54 元中学教諭  公   新

 野田 国義 60 元国交委員長 立   現

 河野 祥子 38 党県委員   共   新

 江夏 正敏 51 党政調会長  幸   新

                  

 ■佐賀〈改選数1〉 国民、擁立難航

 4新人の争いとなった6年前を制した自民山下が再選に向けて足元を固めている。

 国民は党国対委員長、原口一博のお膝元だけに候補を擁立したいが、出馬要請した多久市長の横尾俊彦に固辞され難航。共産は新人大森で臨む。

 山下 雄平 39 元内閣政務官 自(竹)現

 大森  斉 63 党県常任委員 共   新

                  

 ■長崎〈改選数1〉 自民古賀に野党2新人挑む

 6年前に長崎市副市長から公募を経て出馬し、旧民主現職を退けて初当選した自民古賀が、再選に向け準備を進める。国民は昨年8月、3年前にも擁立の動きがあった新人白川を公認した。共産は新人岩永を擁立している。

 古賀友一郎 51 総務政務官  自(岸)現

 白川 鮎美 38 会社社長   国   新

 岩永 千秋 65 党県政策委長 共   新

                  

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ