PR

ニュース 政治

【参院選2019】予想の顔ぶれと情勢・近畿 大阪、党勢拡大狙う維新、自民も強気

Messenger

 ■滋賀〈改選数1〉 野党一本化なるか

 自民現職の二之湯と共産の新人佐藤が出馬の意向を表明している。立民は田島、国民は嘉田をそれぞれ擁立する構えだ。立民、国民、共産、社民の野党4党は統一候補の擁立を検討しており、田島と嘉田、佐藤の間で一本化が実現するかどうかが注目される。

 二之湯武史 41 予算委理事  自(岸)現

 田島 一成 56 元環境副大臣 立   新

 嘉田由紀子 68 元知事    国   新

 佐藤 耕平 36 党県常任委員 共   新

                  

 ■大阪〈改選数4〉 自維、各2人擁立へ

 大阪府と大阪市の両議会で最大会派の大阪維新の会を母体とする維新は、現職東が出馬予定で、さらに1人を擁立する構えだ。大阪都構想の参院選前の住民投票実施を掲げ、党勢拡大を狙う。

 自民は、引退する参院憲法審査会長、柳本卓治の後継指名を受けたおいの新人柳本と、6年前は比例代表で当選した太田の2人を擁立して議席増を目指す。

 公明は杉、共産は辰巳がそれぞれ議席死守をかけて組織固めを本格化。立民と国民はそれぞれ新人の亀石、にしゃんたを立て、知名度を武器に戦う。

 太田 房江 67 元知事    自(細)現

 柳本  顕 44 元大阪市議  自   新

 杉  久武 43 元財務政務官 公   現

 亀石 倫子 44 弁護士    立   新

 にしゃんた 49 大学教授   国   新

 辰巳孝太郎 42 党常幹委員  共   現

 東   徹 52 党総務会長  維   現

 佐々木一郎 67 会社員    諸   新

                  

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ