PR

ニュース 政治

福岡県知事選、自民県連が新人推薦要請 保守分裂の様相

Messenger

 自民党福岡県連は9日、党本部が開いた選対会議で、福岡県知事選(4月7日投開票)で元厚生労働官僚の武内和久氏(47)を推薦するよう要請した。過去2回の知事選で自民党の支援を受けて当選した現職の小川洋氏(69)も3選出馬を表明し、保守分裂の様相を呈している。

 推薦は県連選対委員長の大家敏志参院議員が甘利明選対委員長に求めた。大家氏は記者団に「推薦決定の時期は甘利氏の判断になる」と語った。甘利氏は「関係者と協議し、県連、党本部の双方にとって良い結論を出したい」と記者団に述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ