PR

ニュース 政治

馬毛島の訓練施設で菅官房長官「安全保障の重要な課題」

Messenger
鹿児島県西之表市の馬毛島=2018年10月
鹿児島県西之表市の馬毛島=2018年10月

 菅義偉官房長官は9日午前の記者会見で、政府が米軍空母艦載機の陸上空母離着陸訓練(FCLP)の移転候補地となっている馬毛島(まげしま、鹿児島県西之表市)をめぐり、地権者との間で近く売買契約を結ぶ見通しとなったとの一部報道について「コメントは控えたい」と述べた。その上で「離着陸訓練施設の確保は安全保障の重要な課題だ」との認識を示した。

 菅氏は馬毛島について「南西地域の防衛体制充実のため自衛隊施設を整備するとともに、空母艦載機の離着陸訓練を実施するための候補地として検討を進めている」と説明。「政府としては早期に恒久的な(訓練)施設を整備できるよう、引き続き取り組んでいる」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ