PR

ニュース 政治

【参院選2019】予想の顔ぶれと情勢・関東 茨城、自民2人目擁立の可能性

Messenger

 ■茨城〈改選数2〉 立民も独自候補模索

 自民は現職上月(こうづき)が有利な態勢を築き、国民の現職藤田と共産の新人大内が追いかける。

 自民と旧民主が議席を分け合う“指定席”が続いてきたが、上月は6年前に藤田の2・5倍以上の票を積み上げており、自民が2人目の擁立に動く可能性がある。昨年12月の県議選で全国初の議席を獲得した立民は独自候補擁立を模索しており、野党分裂の構図も予想される。

 上月 良祐 56 元農水政務官 自 現

 藤田 幸久 68 元財務副大臣 国 現

 大内久美子 69 党中央委員  共 新

                  

 ■栃木〈改選数1〉 自民高橋、再選狙う

 3年前は共産小池が比例代表に回り、野党統一候補が実現したものの、自民候補が17万票差で大勝し、保守王国は健在。再選を狙う自民高橋は組織固めで優位に進める。立民として改選1人区では初の擁立決定となった新人加藤と、小池の一本化が焦点だ。

 高橋 克法 61 元国交政務官 自(麻)現

 加藤 千穂 43 元議員秘書  立   新

 小池 一徳 57 党県書記長  共   新

                  

 ■群馬〈改選数1〉 自民、急遽公募で候補選定へ

 自民は、現職の山本一太が夏予定の知事選に出馬表明したため、公募を実施して2月までに候補者を決める方針だ。自民県議の原和隆(49)が公認を得る条件で出馬に意欲を見せている。

 共産は新人伊藤を擁立。立民と国民なども協議を重ねながら候補者選定を進める。

 伊藤 達也 35 党県常任委員 共 新

                  

 ■埼玉〈改選数4(1増)〉 2人目の擁立出るか

 昨年の通常国会で成立した改正公職選挙法により、改選数が3から4に増える。自民、公明の現職と、立民、国民、共産の新人の出馬が決まっている。希望の現職行田邦子が8日に不出馬を表明したことで、自民などから2人目の候補者擁立の動きが出るかどうかが注目される。

 自民は古川を擁立するほか、公明矢倉の推薦を決めている。立民は熊谷、国民は宍戸、共産は伊藤をそれぞれ擁立する。代表、枝野幸男のお膝元である立民は上位当選を目指す。国民との旧民進票の奪い合いは避けられない。

 古川 俊治 55 元財金委員長 自(細)現

 矢倉 克夫 43 元農水政務官 公   現

 熊谷 裕人 56 さいたま市議 立   新

 宍戸 千絵 41 元経産省職員 国   新

 伊藤  岳 58 党県常任委員 共   新

                  

 ■千葉〈改選数3〉 長浜の立民移籍で野党にしこり

 国民に離党届を提出して除籍処分となり、昨年末に立民に入党した長浜を県内の旧民進勢力が一致して支援できるかが焦点だ。長浜は6年前に38万票を獲得した。国民県連には「ともに戦ってきた仲間。支援できないか考えたい」(幹部)との声もあるが、国民内には感情的なしこりも残る。

 自民は石井、豊田の両現職を公認した。6年前に石井は68万票、豊田は41万票をそれぞれ獲得しており、公明と連携し、今回も2議席確保を目指す。共産は3年前に35万票を獲得した浅野が再挑戦する。

 石井 準一 61 予算委理事  自(竹)現

 豊田 俊郎 66 元内閣政務官 自(麻)現

 長浜 博行 60 元環境相   立   現

 浅野 史子 48 党県副委員長 共   新

                  

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ