PR

ニュース 政治

本村賢太郎衆院議員、相模原市長選への出馬検討

Messenger

 無所属の本村賢太郎衆院議員(48)=比例南関東=が、任期満了に伴う相模原市長選(3月24日告示、4月7日投開票)への立候補を検討していることが8日、分かった。

 本村氏は平成21年の衆院選で、藤井裕久元財務相の地盤を受け継いで旧民主党から神奈川14区で初当選した。29年の衆院選には旧希望の党公認で立候補し、現在は政党には所属せず、衆院会派「無所属の会」で活動している。

 関係者によると、藤井氏は本村氏に対して引き続き国政で活動するよう助言しているという。本村氏は地元支援者の意向なども踏まえ週内にも態度を固める。

 相模原市長選には4選を目指す加山俊夫市長(73)のほか、自民党神奈川県議の八木大二郎氏(55)、市議の宮崎雄一郎氏(52)が出馬を目指している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ