PR

ニュース 政治

レーダー情報、韓国への提示を示唆 防衛相 公開は否定

Messenger
防衛省が公開した韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射の映像。能登半島沖(日本EEZ内)で海上自衛隊P-1哨戒機により撮影された=2018年12月20日、能登半島沖(防衛省提供)
防衛省が公開した韓国海軍駆逐艦による火器管制レーダー照射の映像。能登半島沖(日本EEZ内)で海上自衛隊P-1哨戒機により撮影された=2018年12月20日、能登半島沖(防衛省提供)

 岩屋毅防衛相は8日午前の記者会見で、韓国駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題に関し、自衛隊が収集した電波情報を韓国側に示す考えを示唆した。「防衛当局の協議を深めるため、互いに『秘』をかけた状態で交換することはあり得る」と述べた。一方、電波情報の公開については「自衛隊の能力を開示することになるので控える」と語った。

 防衛省は昨年12月に韓国側からのレーダー照射を公表したが、韓国側は否定している。自衛隊が収集・分析した電波情報はレーダー照射の明確な証拠とされ、自民党では公開すべきだとの声が高まっている。

 一方、岩屋氏は韓国側が4日に公開した日本への反論動画について「韓国の指摘は当たらない」とし、韓国側が主張するP1の低空飛行などを改めて否定した。反論動画に音楽や合成画像が使われていたことに触れ「正直、驚いた」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ