PR

ニュース 政治

安倍晋三首相、亡父へ日露の前進誓う 「北方領土問題に終止符」

Messenger
父、晋太郎元外相の墓前で手を合わせる安倍首相(中央)。左は昭恵夫人=6日午後、山口県長門市
父、晋太郎元外相の墓前で手を合わせる安倍首相(中央)。左は昭恵夫人=6日午後、山口県長門市

 安倍晋三首相は6日、山口県長門市を訪れ、父の安倍晋太郎元外相の墓参りをした。その後、記者団の取材に応じ、晋太郎氏が外相として日本とソ連(現ロシア)との関係修復に尽力したことを踏まえて「北方領土問題、平和条約の問題を何としても前進させ、この問題に終止符を打つために全力を尽くしていくことを誓った」と語った。首相は同日夜、帰京した。

 首相は「今年は歴史的な節目の年となる。日々全力を尽くし、職責を果たしていく」とも述べた。

 この日は、下関市と長門市で開かれた後援会の会合にも出席し、「戦後日本外交の総決算に取り組んでいく1年としたい」と抱負を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ