PR

ニュース 政治

参院選視察で民主化理解を カンボジアの政党招待

Messenger

 外務省は、日本式の選挙運営を視察して民主的な国造りへの理解を深めてもらおうと、今夏の参院選に合わせてカンボジアの政党関係者を日本に招く。同国で予定される2023年の次期下院選の民主的な実施を後押しする狙いだ。カンボジアは昨年7月の下院選が最大野党を排除し行われ、フン・セン首相の与党が全議席を独占する展開となった。

 カンボジアではフン・セン政権が独裁色を強めており、欧米諸国が非難している。和平プロセスを長年支援してきた日本は、一線を画し、経済援助を継続しながら民主化を促す立場であることが今回の取り組みの背景にある。

 参院選の視察はカンボジアの与野党の双方から計10人程度を招き、候補者の街頭演説や投票所の運営を見てもらう計画だ。外務省は昨年12月上旬にも与野党双方の関係者を受け入れた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ