PR

ニュース 政治

今年亡くなった政治家 「陰の総理」「軍師」…

Messenger
小渕恵三氏と話す野中広務氏(左)=平成11年12月、国会
小渕恵三氏と話す野中広務氏(左)=平成11年12月、国会

 平成30年は現職の自民党議員3人が亡くなった。11月11日に死去した官房副長官を務めた園田博之氏(76)=衆院比例九州=は離党・復党を繰り返した波乱の政治家人生だった。政策を武器にした「軍師」としての評価は高かった。

 鴻池祥肇氏(78)=参院兵庫選挙区=は今月25日に死去。防災担当相時に殺人事件に関し「市中引き回しの上、打ち首にすればよい」と述べるなど奔放な発言が多かったが、情に厚い性格でもあった。党副幹事長の北川知克氏(67)=衆院大阪12区=も26日に亡くなった。

 「陰の総理」と呼ばれた2人も亡くなった。官房長官や自民党幹事長を務めた野中広務氏(92)は1月26日、旧民主党政権で官房長官などを歴任した仙谷由人氏(72)は10月11日に永眠した。

 野中氏は「自社さ」連立政権の自治相・国家公安委員長として阪神大震災やオウム真理教事件に対応。「悪魔」と呼んだ政敵の小沢一郎現自由党代表に「ひれ伏してでも」と協力を求め、11年の「自自公」連立政権を誕生させた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ