PR

ニュース 政治

東京記者の質問に「事実誤認」 官邸報道室が再発防止要請

Messenger

 首相官邸報道室は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の名護市辺野古移設をめぐり、菅(すが)義偉(よしひで)官房長官の26日の記者会見で東京新聞記者がした質問に事実誤認があったとして、内閣記者会に書面で再発防止を求めた。

 記者は質問で、埋め立て工事用の土砂が仕様書に適合しているかについて「発注者の国が事実確認をしない」などと主張した。

 官邸報道室は「仕様書どおりの材料であることを確認しており、明らかに事実に反する」と反論。記者会見がインターネットで配信されていることを踏まえ「視聴者に誤った事実認識を拡散させることになりかねない。正確な事実を踏まえた質問を改めてお願いする」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ