PR

ニュース 政治

自民・吉田博美参院幹事長、出馬判断を先送り

Messenger
自民党・吉田博美参院幹事長=18日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党・吉田博美参院幹事長=18日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の吉田博美参院幹事長(69)は28日午前、国会内で記者会見し、改選を迎える来年夏の参院選に比例代表で出馬するか出馬しないかの判断を来年に先送りする意向を表明した。「比例は考えていなかったが、かなり(出馬を望む)声が大きくなってきたので悩んでいる」と述べ、2月10日の党大会までに結論を出すと語った。

 10月28日の記者会見では、地盤の参院長野選挙区(改選数1)を小松裕元衆院議員に譲り、自身については比例代表に転出するか出馬しないかを年末に判断する考えを示していた。

 吉田氏は当選3回。故金丸信元副総理の秘書や長野県議などを経て平成13年に参院初当選。「参院のドン」と呼ばれた青木幹雄元参院議員会長の後継者として頭角を現した。26年に参院国対委員長に就き、28年からは参院幹事長を務めている。

 竹下派(平成研究会)に所属。安倍晋三首相の信任も厚いが、今年9月の総裁選では石破茂元幹事長を支持した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ