PR

ニュース 政治

マイナス795万円で市有地落札 埼玉・深谷、全国初か

Messenger
記者会見する埼玉県深谷市の小島進市長=26日、同市役所
記者会見する埼玉県深谷市の小島進市長=26日、同市役所

 埼玉県深谷市は26日、使われていない市有地の売却のため、予定価格をマイナスに設定した入札を実施し、マイナス795万円で落札されたと発表した。0円未満での落札は全国初とみられる。落札者が建物の解体費を負担する一方、落札額は市が負担する。

 遊休資産の処分に悩む地方自治体は多く、買い手が付きにくい物件の民間活用を促す手段として広がる可能性がある。小島進市長は「土地が活用できることになり、ほっとしている」と述べた。

 市によると、物件は廃校となった市立小の体育館の敷地約1500平方メートル。市の見積もりで体育館の解体費が土地の評価額を上回ったため、予定価格をマイナス1340万6千円に設定していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ