PR

ニュース 政治

公明幹事長「やむを得ない」 政府IWC脱退表明

Messenger

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は26日、政府が国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明したことについて「反捕鯨国の歩み寄りが全くなく、IWC総会の議論で異なる立場の意見が共存することが否定された。やむを得ない」と述べ、政府の決定に理解を示した。その上で「国内世論、国際世論に対し丁寧な説明を行い、理解を求めていく活動が必要だ」と強調した。国会内で記者団に語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ