PR

ニュース 政治

「消費増税の環境か」 立民・福山哲郎氏、株価急落で

Messenger
立憲民主党の福山哲郎幹事長
立憲民主党の福山哲郎幹事長

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は25日の記者会見で、日経平均株価が2万円を割り込んだことに関し、来年10月に予定される消費税率10%への引き上げは凍結すべきだとの認識を改めて示した。「本当に消費税を上げるような環境がつくれるのか」と指摘した。

 政府が経済情勢を理由にこれまで2度延期したことに触れ「以前より今の世界経済の不透明感は大きい。来年の通常国会でしっかり論戦していく」と強調した。

 共産党の小池晃書記局長も会見で、平成31年度予算案の閣議決定直後だったことを踏まえ「予算案の経済対策が期待されていない証拠だ。消費税増税中止こそが最大の経済対策だ」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ