PR

ニュース 政治

立民が茨城県連設立 参院選へ候補擁立に意欲

Messenger
立憲民主党県連の設立届けを県選挙管理委員会に提出する同党県連の難波奨二代表(右)=25日午後、同県庁(丸山将撮影)
立憲民主党県連の設立届けを県選挙管理委員会に提出する同党県連の難波奨二代表(右)=25日午後、同県庁(丸山将撮影)

 立憲民主党は25日、茨城県連を設立し、同県選挙管理委員会に届け出た。県連代表に就任した同党の難波奨二(しょうじ)参院議員は来夏に予定されている参院選での候補者擁立に意欲を示した。

 難波氏は記者会見で、来春の統一地方選と参院選に言及し「来年は政治決戦の年だ。参院選に向けた党勢拡大のため、まずは統一選に候補者を擁立したい」と語った。

 参院選には同じ旧民進党の流れをくむ国民民主党から現職の藤田幸久氏が立候補を予定しているが、難波氏は「複数区に独自候補を擁立するのがわが党の基本方針だ」と強調し、「候補者の選定に向けて調整を行っている」と語った。

 国民民主党との候補者一本化の可能性については「安倍(晋三首相)一強政治を崩せるよう検討の上、戦い方を決めたい」と述べるにとどめた。

 連合茨城との協力に関しては、連合が立憲民主、国民民主の両党と参院選に向けた政策協定を結んだことを念頭に「連合側に考え方を理解してもらえるよう対応していきたい」と語った。ただ、連合茨城の傘下には原発事業に携わる企業労組も多くあり、「原発ゼロ」を掲げる立憲民主党との連携が実現するかは不透明だ。

 同党をめぐっては、9日に投開票された県議選で公認候補だった玉造順一氏が初当選し、県内に足場を築いた。25日の記者会見では、玉造氏が副代表に、同県石岡市議の岡野孝男氏が幹事長に就任したことも明らかにされた。(丸山将)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ