PR

ニュース 政治

さいたま市議「ペテン師」と発言、議会紛糾 過去にも暴言

Messenger

 さいたま市議会の12月定例会最終日の21日、一般会計補正予算案をめぐる本会議の討論で、北区選出の吉田一郎市議(無所属)が議員報酬の引き上げに関して「この議案に賛成する議員はペテン師だ」と発言し、紛糾する一幕があった。新藤信夫議長が「不適切だ」として発言の取り消しを求め、自席に戻るよう指示したものの、吉田氏は従わず発言を続行。他の市議が動議を提出し、吉田氏の討論を終えさせた。

 吉田氏は、問題視される発言を以前から繰り返し、物議を醸してきた。今年2月には、委員会の審議で市立図書館長に「首をつって死ね」と暴言を投げかけ、辞職勧告を受けた。

 10月には、障害者福祉をめぐる市議会本会議での議論で、車いすを使用している伝田ひろみ市議に対して「ブルジョア障害者」などと発言した。

 定例会の後、記者団の取材に応じた吉田氏は「議会のやり方に関してだから(過去の不適切とされる発言とは)全然関係ない」とした上で、ペテン師発言に関して「問題ないと思っている」と話した。

 議員報酬の引き上げをめぐっては、市議会の総合政策委員会で条例改正案が継続審査となった一方、予算措置を盛り込んだ補正予算案は予算委員会で可決されていた。吉田氏は「予算だけ先に可決するのはおかしい。統一地方選が終わるのを待ってから条例案を可決するつもりとしか思えない」と批判している。

 継続審査について、総合政策委は「給与を上げるのは国を挙げての取り組みだが、地方には浸透しておらず慎重な審議が必要」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ