PR

ニュース 政治

MRJ、1月下旬から国交省試験 安全認証取得へ最終関門

Messenger
 三菱航空機のMRJ
 三菱航空機のMRJ

 国土交通省は21日、三菱航空機(愛知県豊山町)が開発している国産初のジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」に、同省のパイロットが搭乗する飛行試験を平成31年1月下旬ごろから米国で行うと発表した。32年半ばの初号機納入を目指す三菱航空機にとって、運航に必要な安全性を認証する「型式証明」取得へ最後の関門となる。

 ワシントン州にある三菱航空機の試験拠点で、二つあるエンジンの片方を空中で止めて再始動したり、補助動力装置が正常に動くか確認したりする。その後も準備が整った項目から順次試験を実施する。同社はこれまで社員パイロットによる飛行試験を重ねてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ