PR

ニュース 政治

「健全なマージャンの普及を」 自民に「スポーツ麻雀」議連発足

Messenger

 「スポーツ」としてのマージャンを広めようと、自民党の有志議員による「頭脳スポーツとしての健全で安全な麻雀を推進する議員連盟」の設立総会が20日、国会内で開かれた。

 議連は10月にプロマージャンリーグ「Mリーグ」が開幕したことをきっかけに、甘利明選対委員長や岸田文雄政調会長らが発起人となって発足。ギャンブルのイメージが強いマージャンだが、近年では高齢者の認知症対策や子供の教育の一環などにも用いられているという。議連は今後、健全なマージャンの普及を目指すとしている。

 会長に就任した平井卓也科学技術担当相は「マージャンはもはやギャンブルの世界にあるものではない。広く普及させ、地域の活性化や高齢者の健康、若い人たちのチャレンジ精神に火をつけたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ