PR

ニュース 政治

公明・山口代表「熟慮した上で対応」 IWC脱退

Messenger
調査捕鯨で北海道・釧路港に水揚げされたミンククジラ=2017年9月
調査捕鯨で北海道・釧路港に水揚げされたミンククジラ=2017年9月

 公明党の山口那津男代表は20日の記者会見で、政府が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退する方針を固めたことに関し「日本は科学的な根拠に基づいて捕鯨の取り組みを訴えてきたが、IWCの対立的な構造は変わっていない」との認識を示した。

 その上で「最終的にはこうした国際機関にどう日本が関わるか。政府全体でよく検討し、さまざまな観点から熟慮した上で対応すると思う」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ