PR

ニュース 政治

防衛大綱 野党はいずも空母化を「専守防衛逸脱」と批判

Messenger
海上自衛隊横須賀基地に停泊する護衛艦「いずも」=18日午後、神奈川県横須賀市(共同通信社ヘリから)
海上自衛隊横須賀基地に停泊する護衛艦「いずも」=18日午後、神奈川県横須賀市(共同通信社ヘリから)

 新たな防衛大綱と中期防について、与党では厳しさを増す安全保障環境への対応として評価が広がる一方、野党は護衛艦「いずも」の改修と最新鋭ステルス戦闘機F35Bとの一体運用が専守防衛の方針を逸脱するとの懸念が相次いだ。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は18日の記者会見で「目まぐるしく変わる安保環境の中で、日本の憲法や法律、限られた予算の中でできる最大限の方針を示した」と評価した。吉田博美参院幹事長は専守防衛の方針に触れ「守らなければならないが、古い装備でできるかという疑問点もある」と理解を示した。

 一方、与党ワーキングチーム(WT)で専守防衛の範囲の明確化を求めてきた公明党の山口那津男代表は「国民に対する説明と、対外的に疑惑や不信を招かないようにすることも重要だ」と記者団に強調した。

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は「いずもの『空母化』は、専守防衛という安保上の国是を逸脱する可能性があり、非常に問題」と批判した。国民民主党の玉木雄一郎代表も「これまでの専守防衛を逸脱する疑念がぬぐいきれない」と指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ