PR

ニュース 政治

G20大阪サミットにスペイン、シンガポールなど招待 官房長官「関連や貢献を考慮」

会見に臨む菅義偉官房長官=18日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=18日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は18日の記者会見で、来年6月に大阪市で開く20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に、スペインやシンガポールなど8カ国と国連や世界銀行など9国際機関を招待すると発表した。菅氏は「サミットの議題との関連や、G20への貢献などを総合的に考慮した」と説明した。

 菅氏は、招待国や国際機関のリーダーの協力も得た上で「自由で開かれた、包摂的で持続可能な『人間中心の未来社会』の実現を目標に、大阪サミットを成功させたい」と強調した。

 招待する国はほかに、オランダ、ベトナム、チリ、タイ、エジプト、セネガルの6カ国。国際機関は同様に国際通貨基金(IMF)、金融安定化理事会(FSB)、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、経済協力開発機構(OECD)、世界保健機関(WHO)、アジア開発銀行(ADB)の7機関。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ