PR

ニュース 政治

若者の声を政策に 公明、参院選へ始動 

Messenger
街頭で若者に実現してほしい政策を聞く公明党の山口那津男代表(左)=13日、東京都内
街頭で若者に実現してほしい政策を聞く公明党の山口那津男代表(左)=13日、東京都内

 公明党は13日、若者の声を政策に反映させるための調査活動「ボイス・アクション2019」を開始した。最低賃金1千円の実現や携帯電話料金の引き下げなど、6項目の政策について街頭やインターネットでアンケートを行う。要望の多い項目は来夏の参院選で重点政策にすることも検討する。

 東京・池袋で街頭に立った山口那津男代表は「来年は統一地方選、参院選と大きな選挙がある。若い皆さんの声を政治に届ける大事なチャンスだ」と呼びかけた。

 公明党がボイス・アクションを実施するのは、平成28年以来2回目。28年も参院選が行われた年で、選挙前に若い世代へ党の取り組みをアピールする狙いがある。調査期間は来年1月中旬までで、集計結果は政策提言として安倍晋三首相にも伝える考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ