PR

ニュース 政治

辺野古移設の県民投票、与那国町議会が予算認めず

Messenger

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票(来年2月24日)をめぐり、同県の与那国町議会は13日、平成30年度補正予算案の県民投票関連経費を削除して可決した。県内自治体の議会が本会議で県民投票予算を認めなかったのは初めて。ただ、外間守吉(ほかま・しゅきち)町長は再議に付す方針で、議会が否決しても関連予算を執行できる。

 一方、名護市辺野古区の意思決定機関である行政委員会は12日、県民投票に反対する意見書案を全会一致で可決した。行政委は条件付きで普天間飛行場の移設を容認しており、県民投票を行う必要はないとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ