PR

ニュース 政治

日韓議連、14日に韓国側と総会 徴用工など改善促す

Messenger
インタビューに答える日韓議員連盟会長の額賀福志郎氏
インタビューに答える日韓議員連盟会長の額賀福志郎氏

 【ソウル=田中一世】超党派の日韓議員連盟は14日、韓国側の韓日議連との合同総会をソウル市内で開く。いわゆる徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決や韓国国会議員の竹島(島根県隠岐の島町)上陸などの問題が相次ぐ中、議員外交を通じて韓国側に改善を促す機会となり、合同総会の最後に両議連が発表する共同声明の内容が注目される。

 両議連の合同総会は毎年、日韓で交互に開催している。13日夜は韓日議連の姜昌一(カン・チャンイル)会長主催の夕食会が開かれ、日韓関係について意見交換した。

 安倍晋三首相は、通例となっている合同総会への祝辞について今年は見合わせる意向だ。徴用工訴訟の判決や日韓合意に基づいて設立した「和解・癒やし財団」解散をめぐり韓国政府に適切な対応を求めている中、誤ったメッセージになりかねないとの判断が働いたとみられる。議連の額賀福志郎会長(自民)や河村建夫幹事長(同)は14日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や李洛淵(イ・ナギョン)首相と面会し、日本側の考えを伝える方向だ。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ