PR

ニュース 政治

【インターン新聞より】龍谷大365・初めて見た光景 一駅の格差

Messenger

 毛布1枚で寒さをしのぐ家なき人たちがあたり一面に横たわっている様子に、衝撃を受けた。

 産経新聞社のインターンシップで、大阪市西成区を訪れた。あいりん総合センターを見て、初めて出会うその空間に足が止まった。遠くを眺めながら独り言を言っているおばあさん。3階の職業安定所前に、毛布にくるまって横たわる人々。

 衝撃を抱えたまま、電車に乗ると、あっという間にミナミに到着した。きらびやかな商業ビルに、清潔感のある洋服屋や化粧品売り場。一駅、わずか数分でこんなにも世界が違う。これが日本の格差なのだと痛感した。

 格差是正、一億総活躍社会、社会保障費の拡大。そんなひと言ではとても言い切れない、日本の現実を一人ひとりがしっかり見つめなければならないと感じた。(中田敦子)

▼【編集余話】凍えるような寒さにほっと一息 こたつに新定番

▼若者に人気 こたつ×カフェ イルミネーション眺めながら…大阪駅・時空の広場

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ