PR

ニュース 政治

【政界徒然草】二階派、参院選で特別会員4人擁立…元民主2人も公認

Messenger
自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)
自民党の二階俊博幹事長(春名中撮影)

 自民党の二階俊博幹事長(79)が率いる二階派(志帥会、44人)が、来年の参院選を舞台に勢力拡大を進めている。自民党が公認する新人・元職計15人のうち、4人が二階派の特別会員だ。さらに民進党に所属していた元参院議員1人も「二階派の強力な後押し」(自民選対関係者)で公認された。選挙結果次第では、党内で二階派議員が大きく増える可能性がある。

自民党内に懸念

 「(選挙は)こういうテクニックで勝つというものはない。誠心誠意やって自民党として今日までやってきたことに、国民の皆さんに評価をいただく真摯(しんし)な努力をしっかりやりたい」

 二階氏は11月18日、仙台市で、コツコツとした努力が参院選で勝利するカギだと、記者団に熱っぽく説いた。

 自民党は着々と公認候補の選考を進めており、12日時点で72人の公認を決定あるいは内定している。

 このなかで目立つのは、二階派の特別会員の4人だ。引退する柳本卓治氏(74)のおいで元大阪市議の顕氏(44)=大阪選挙区▽元兵庫県議の加田裕之氏(48)=兵庫選挙区▽元民主党衆院議員、熊田篤嗣氏(47)=比例代表▽全国土地改良区政治連盟顧問の宮崎雅夫氏(55)=同-だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ