PR

ニュース 政治

入管法改正案成立へ 首相問責案も提出、深夜ずれ込み

Messenger
参院本会で堂故茂農水委員長への解任決議案の趣旨説明が大幅に時間超過し、発言を禁止され降壇を促される自由党・森裕子氏=7日午後、国会(春名中撮影)
参院本会で堂故茂農水委員長への解任決議案の趣旨説明が大幅に時間超過し、発言を禁止され降壇を促される自由党・森裕子氏=7日午後、国会(春名中撮影)

 外国人労働者の受け入れ拡大に向け在留資格を創設する出入国管理法改正案をめぐり、参院は7日夜、本会議を再開し、立憲民主党などが提出した山下貴司法相問責決議案を与党の反対多数で否決した。改正案は与党などの賛成多数で可決、成立の見通しだが、立民などは安倍晋三首相問責決議案も提出して抵抗、与野党の攻防が続いた。

 最大の与野党対決法案だった同改正案が成立すれば、今国会は10日までの会期を延長せずに閉会する。

 参院本会議は7日午前に開会し、立憲民主党など野党が提出した横山信一法務委員長(公明)と堂故茂農林水産委員長(自民)の解任決議案を与党などの反対多数でいずれも否決した。

 野党は続いて法相問責案を提出。与党は午後3時半に本会議を再開し、問責案を否決する構えだったが、野党は議院運営委員会の大家敏志理事(自民)が本会議場で白真勲同委野党筆頭理事(立憲民主)に対し「暴力に近い形で小突いた」として開催を拒否。大家氏が謝罪し、理事を辞任することで決着し、本会議再開は午後7時半にずれ込んだ。

 与党は首相問責案を否決した後、参院法務委で改正案を可決させる方針だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ