PR

ニュース 政治

入管法改正案7日採決 野党は参院法務委員長の解任決議案で対抗

Messenger

 立憲民主党など主要野党は対抗するため、山下貴司法相の問責決議案を7日に提出することを検討している。さらに、内閣不信任決議案を提出する選択肢もある。与党はいずれも同日中に否決し、改正案の成立を図る考えだが、参院本会議が深夜にまでずれ込むことも想定される。10日の会期末を控え、与野党攻防は大詰めを迎える。

 立憲民主党参院会派の芝博一国対委員長は記者団に「まだまだ審議は尽くされていない」と強調。野党筆頭理事の有田芳生氏(立憲民主)も「『議論は尽くされた』とは冗談じゃない。議論すればするほど多くの問題が出てくる」と政府・与党を批判した。

 一方、立憲民主党などは水産改革関連法案を審議している参院農林水産委員会でも委員会運営などをめぐり反発し、堂故茂委員長(自民)の解任決議案を参院に提出した。このため6日の採決はできなくなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ