PR

ニュース 政治

茂木経済再生担当相「新規加入に進展図りたい」 TPP11拡大に意欲

Messenger
茂木経済再生相
茂木経済再生相

 茂木敏充経済再生担当相は6日、東京都内で講演し、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に参加する11カ国の首脳会合と閣僚級の「TPP委員会」第1回会合を来年1月下旬に開く方向で調整していることを踏まえ「11カ国だけでなく、世界で享受されるべきだと思っている。新規加入についても具体的進展を図りたい」と述べ、参加国の拡大に意欲を示した。

 茂木氏は「タイは参加したいという強い意向を示している。インドネシア、コロンビアも参加に関心を示し、英国が強い関心を持っていることも歓迎したい」とも述べた。TPPは12月30日に発効することが決まっており、来年以降、加盟国の増加を通じて多国間の自由貿易体制を主導していく考えを示した。

 また、来年1月に本格的な交渉が始まる米国との物品貿易協定(TAG)に関し「米側の大きな関心は(対日)貿易赤字であることは間違いない。新たな日米通商交渉での私の責任は大きく、簡単な交渉ではないと思っている」とした上で「日米双方にとって利益となるよう、いい結果をあげていきたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ