PR

ニュース 政治

憲法を政局にした野党の愚 与党は無策「改憲野党」取り込めず

Messenger

 一方で、自民党の無策さも憲法審が開催に至らない遠因となっている。

 野党は決して一枚岩ではない。例えば、国民民主党は憲法改正の議論そのものには前向きだ。玉木雄一郎代表は10月29日の衆院代表質問で自衛権の範囲を憲法に明記する「平和的改憲」を提案し、「比較して議論すれば自民党の『憲法改悪案』の問題点が浮き彫りになる」と首相に迫った。国民民主党は憲法改正手続きを定めた国民投票法の独自の改正案もまとめている。

 しかし、自民党が国民民主党の抱き込みを本格的に狙った形跡はない。

 「与党も『やる』と決めた以上やっていただかないと。大きな責任を感じていただかなければいけない」

 維新の馬場伸幸幹事長は5日の記者会見で、こう与党側への苦言を口にした。(千田恒弥、広池慶一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ