PR

ニュース 政治

足立康史氏、辻元清美氏の「デマ」指摘に反論

Messenger
日本維新の会の足立康史氏
日本維新の会の足立康史氏

 日本維新の会の足立康史衆院議員は4日の衆院総務委員会で、立憲民主党の辻元清美国対委員長が昨年11月のブログで足立氏の主張を「悪意あるデマ」と指摘したことに反論した。

 ブログは、大阪府豊中市が国から用地を取得した野田中央公園(同市)に関する記事。足立氏は、民主党政権時代の平成22年に行われた用地売却の際に国から計約14億円の補助金と交付金が出たことから、民主党政権で国交副大臣などを務めた辻元氏の関与の余地を指摘している。これに対し辻元氏はブログで「公園の売却を決めたのも、補助金を決めたのも(自民党の)麻生(太郎)政権」「悪意あるデマ以外の何物でもない」と主張している。

 足立氏は総務委で、用地の不動産鑑定や売買契約が行われたのは民主党への政権交代後の22年だったと訴え、「辻元氏が書いていることはデマだ。しっかりと説明責任を果たしてほしい」と持論を述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ