PR

ニュース 政治

優先事項に宇宙・サイバー・電磁波 政府が防衛大綱の骨格案を提示

Messenger
参院本会議でサイバーセキュリティ基本法改正案が賛成多数で可決され議場に一礼する桜田義孝五輪担当相=5日午前、国会(春名中撮影)
参院本会議でサイバーセキュリティ基本法改正案が賛成多数で可決され議場に一礼する桜田義孝五輪担当相=5日午前、国会(春名中撮影)

 政府は5日午前、年末に閣議決定する新たな「防衛計画の大綱」に向けた有識者会議(座長・三村明夫日本商工会議所会頭)の会合を首相官邸で開き、次期大綱の骨格案を提示した。厳しさを増す安全保障環境に対応するため「従来と異なる速度で防衛力を強化する」と指摘。「優先事項」として、宇宙・サイバー・電磁波領域での能力獲得や、人的基盤の強化などを掲げた。

 また、敵基地攻撃にも使える長射程の「スタンドオフ火力」や、弾道・巡航ミサイルを迎撃する「総合ミサイル防空能力」も特記した。さらに、装備調達コストの管理・抑制や、防衛産業基盤の強靱(きょうじん)化の重要性なども指摘した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ