PR

ニュース 政治

都構想住民投票「参院選までに」 大阪市長「無理なら政治責任取る」

Messenger

 維新は現在の府市両議会で過半数に届いておらず、協定書の完成には公明党の協力が必須だ。統一選で維新が議席を減らし、公明と合わせて過半数に達しない場合、住民投票の実施が頓挫する可能性もある。この点について吉村氏は「それはそこで勝負あったということになる。住民投票をやっても惨敗だ」と話した。

 ただ、選挙に集中したい公明側は参院選までの実施には難色を示している。住民投票と参院選の同日実施となれば反発は必至で、今回の吉村氏の発言を受け、両党の駆け引きはさらに激化しそうだ。

 また、2025年に大阪で開催が決まった国際博覧会(万博)について、吉村氏は「大阪市内で命や健康をテーマにし、世界中から人が集まってくるようなエリアをつくりたい」と期待。大阪市鶴見区の花博記念公園鶴見緑地をサテライト会場とするよう目指す考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ