PR

ニュース 政治

北海道と本州結ぶ送電線の増強検討に着手 電力広域機関

Messenger

 電力広域的運営推進機関(東京)は4日に会合を開き、北海道と本州を結ぶ送電線「北本連系線」の増強の是非について検討作業を始めた。北海道が9月の地震で全域停電(ブラックアウト)に陥ったのを受けて、国が広域機関に検討を要請していた。会合では、電力供給の強靭(きょうじん)化に関する小委員会の新設を決め、小委でルートや増強する容量の規模について集中的に議論する方針を確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ