PR

ニュース 政治

北方領土問題の解決訴え東京でデモ、元島民ら

Messenger
北方領土問題の解決を訴え、デモ行進する人たち=1日午前、東京都中央区
北方領土問題の解決を訴え、デモ行進する人たち=1日午前、東京都中央区

 北方領土の返還に向けて世論を喚起しようと、元島民や北海道の自治体関係者ら約500人が1日、東京・日本橋周辺をデモ行進した。例年「領土を返せ」と声を上げているが、今年は日ロ平和条約締結交渉をめぐる動きに配慮し、「日ロの新時代を築こう」などと抑えた表現で領土問題解決を訴えた。

 宮腰光寛沖縄北方担当相は出発式で「領土交渉の本格的な時期が来た。皆さんと同じ思いで返還要求運動に取り組みたい」と強調。歯舞群島・勇留(ゆり)島の元島民、角鹿泰司(つのか・やすじ)さん(81)=根室市=は「島を追われて73年、自由に行くことすらできない。早期解決の声を上げたい」と語った。

 根室市や羅臼町など1市4町の協議会が主催。根室市によると、昭和20年12月1日、当時の根室町長が4島を米軍の占領下に置くよう連合国軍総司令部(GHQ)マッカーサー最高司令官に陳情書を出したことにちなみ、毎年デモ行進している。今年で13回目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ