PR

ニュース 政治

連合、立憲民主・国民民主両党と政策協定 参院選支援へ

Messenger
政策協定の締結式で署名をした締結書を交換する連合の神津里季生会長(中央)と立憲民主党の枝野幸男代表。右は国民民主党の玉木雄一郎代表=30日午後、千葉県浦安市美浜の浦安ブライトンホテル東京ベイ(酒巻俊介撮影)
政策協定の締結式で署名をした締結書を交換する連合の神津里季生会長(中央)と立憲民主党の枝野幸男代表。右は国民民主党の玉木雄一郎代表=30日午後、千葉県浦安市美浜の浦安ブライトンホテル東京ベイ(酒巻俊介撮影)

 連合は30日、来年夏の参院選に向けた政策協定を立憲民主、国民民主両党と結んだ。協定の締結により、連合が参院選で両党を支援し公認候補を推薦することが固まった。

 千葉県浦安市で開いた締結式で、連合の神津里季生(こうづりきお)会長が立憲民主党の枝野幸男、国民民主党の玉木雄一郎両代表とそれぞれ同じ内容の協定書を交わした。

 協定は「持続的で健全な経済成長」「社会の分断を生まない再分配」などを基本理念に据え、社会保障制度の再構築や責任ある財政の確立を目標に掲げた。

 参院選での野党系候補一本化の必要性にも触れ、「野党間の事前調整の必要性を共有する」と明記。「緊張感ある二大政党的体制を目指す」との文言も盛り込んだ。ただ、個別の政策への言及は乏しく、「課題の具体化については、連合と十分かつ緊密な協議を行う」と記すにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ