PR

ニュース 政治

安倍晋三首相、G20首脳会議で自由貿易推進主導表明へ アルゼンチン到着

G20出席のためブエノスアイレスに到着した安倍首相と昭恵夫人=29日(共同)
G20出席のためブエノスアイレスに到着した安倍首相と昭恵夫人=29日(共同)

 【ブエノスアイレス=小川真由美】安倍晋三首相は29日夜(日本時間30日午前)、政府専用機でアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに到着した。30日から始まる20カ国・地域(G20)首脳会議に出席するほか、30日午後(同12月1日未明)にトランプ米大統領、中国の習近平国家主席と個別に会談。12月1日(同2日)はロシアのプーチン大統領とも会談する。

 首相はG20首脳会議で、米中貿易摩擦を踏まえ、通商交渉をめぐる対立激化は世界経済に深刻な悪影響を及ぼすと強調。今年末に発効予定の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP11)の拡大や欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)の早期発効を通じ、国際ルールに基づく多角的な貿易体制の構築を主導していく考えを示す。

 首相はG20首脳会議後にウルグアイとパラグアイを訪れ、4日に帰国する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ