PR

ニュース 政治

DV被害女性の住民票交付 転居先記載

Messenger

 愛知県犬山市は28日、夫からドメスティックバイオレンス(DV)被害を受け県外に転居した女性が転居先を知られないよう、閲覧制限などの支援措置を受けていたのに、女性職員が転居先住所を記した住民票の写しを夫に誤って交付したと発表した。

 手渡した数秒後に職員が気付き、回収したが、夫が転居先を知った可能性があり、市は女性に連絡し謝罪。さらに転居を希望した場合は費用の負担を検討する。

 市によると、夫が16日に市役所市民課の窓口で、世帯全員の住民票の写しを交付申請。住民基本台帳システムの画面上に警告メッセージが出ていたのに、同課の職員が誤って交付した。

 28日の時点で、女性に対する夫からの新たなDV被害は確認されていないという。

 山田拓郎市長は「心からおわびする。誠意をもって対応するとともに、全力で再発防止に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ