PR

ニュース 政治

辺野古県民投票、来年2月24日投開票で調整

Messenger
米軍普天間飛行場の移設先として工事が進められる辺野古沿岸部=8月、沖縄県名護市(小型無人機から)
米軍普天間飛行場の移設先として工事が進められる辺野古沿岸部=8月、沖縄県名護市(小型無人機から)

 沖縄県が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票の投開票日を来年2月24日とする方向で調整していることが26日、分かった。複数の関係者が明らかにした。玉城(たまき)デニー知事が近く表明する見通し。

 玉城氏は県民投票で辺野古移設反対の民意を示し、政府に計画断念を迫りたい考えだ。県民投票の実施には市町村の協力が必要で、各市町村議会が関連予算を可決しなければならない。 石垣市議会は県民投票に反対する決議をしており、県内全域で投票が行われる見通しは立っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ